スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ

ほうれん草の節約レシピ

JUGEMテーマ:家庭

ほうれん草は緑黄色野菜の代表で栄養の豊富さではトップクラスです。

旬である冬場のものはハウスものの倍ほどの栄養があり、
貧血防止や風邪予防に効果があります。
でも、夏でも取りたい野菜のひとつですね。
カロチンやビタミンB1、B2、B6、C、鉄分、カルシウム、ヨード、 食物繊維も豊富に含まれています。
みずみずしくて葉がピンと張っていて鮮やかな緑色、
葉と茎の長さがバランスの良いものを選びましょう。
乾燥を防ぐために葉の表面に水をかけ、
ポリ袋をかぶせて野菜室に立てて保存しましょう。
ゆでたほうれん草を常備しておくと、
少し青みのほしいときや、卵焼きや味噌汁やチャーハンなどにすぐ利用できます。
冷凍でも保存がきくので、夏の痛みやすい時期には便利です。
味噌汁の実に一品欲しい時など
小分けして冷凍は重宝しています。

では二つのレシピを紹介します。
「ほうえん草の節約レシピ」
〜ほうれん草ととうふの和風炒め〜
調理時間10分 一人当約59円
材料
 ほうれん草1束
 木綿どうふ1丁
 削り節適宜

作り方
 1.ほうれん草はゆでたら水にさらし、水気をしぼりざく切りにする。とうふはキッチンペーパーに包み水切りをする。
 2.油大さじ2を熱し、適当にくずしたとうふ、ほうれん草の順に炒め、酒、みりん各大さじ1/2、しょうゆ大さじ1.5、塩少々で味を調える。
 3.削り節をたっぷりとかける。

〜ほうれん草の海苔あえ〜

調理時間10分 節約ポイント一人当約25円

材料
 ほうれん草1/2束
 味付けのり少々

作り方
 1.ほうれん草はゆで水気をしぼり、適当な長さに切る。
 2.めんつゆ小さじ1で、ほうれん草とちぎった味付けのりをあえる。
| ほうれん草の節約レシピ | 節約料理レシピ |
| comments(18) | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ

かぼちゃの節約レシピ

JUGEMテーマ:ひとりごと

 輸入物が増えたかぼちゃは一年中出回るようになりました。

バリエーションも豊富なので一個を使い分けするのがおすすめです。

カロチンが豊富で夏場のスタミナ補給や冬の風邪予防に役に立ちます。

ビタミンC、カルシウム、鉄、リンなどのミネラルや、
食物繊維も多く含まれているので、美容やダイエットにおすすめの野菜です。

選ぶ際は、皮が硬くて色が濃く実がしまっていて
ズッシリと重みのあるものがおいしい品です。

カットしてあるものは傷みが早く味もおちるので、
使いきれる量だけ購入しましょう。

まるごとのかぼちゃは常温で長期保存が可能ですが、
カットされたものは必ず種とわたを取り除き、
乾いたキッチンペーパーをつめてラップをして冷蔵庫で保管しましょう。

1個買った時は皮と種を取り4つ割りにして、15分ほど蒸し、
使わない分は完全に冷ましてラップをして
冷蔵庫で保管すれば4日ほどは大丈夫。

では栄養満点の節約レシピの紹介です。

「かぼちゃの節約レシピ」


〜かぼちゃグラタン〜

調理時間20分 一人当約72円

材料 
 蒸したかぼちゃ1/4個
 合びき肉150g
 とろけるチーズ30g
 パセリ適宜

作り方
 1.かぼちゃは細かくつぶして塩、コショウを少々ふりまぜる。
 2.合いびき肉を油でいためて塩、コショウで味付けをする。
 3.耐熱皿に2のひき肉を均一に敷き、かぼちゃを平らにのせ、チーズを全体に散らす。
 4.約250度で予熱しておいたオーブンに3をいれて6、7分焼き刻みパセリを散らす。

 

 

| かぼちゃの節約レシピ | 節約料理レシピ |
| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ

節約のための料理レシピ

 昨今の不景気に対応していくには
節約が重要なポイントではないでしょうか?

多くの方は外食を控え、家にまっすぐ帰るようになったそうです。
家庭が明るくなりなによりです。

でもその分食費に気をつけましょう。
(まぁ外食が減った分は浮きますが)

家庭での楽しみに食事がありますが節約料理に気を配ると
家計費も格段に浮いてきます。

節約レシピは、食費の節約のために、ぜひ覚えておきたいレシピです。

節約レシピの基本は、安い食材を使って、料理を作ることですが、
食費の節約になるだけでなく、
低カロリーで手間もかからないことが多いと思います。

節約レシピで使ってほしいのは、もやしやツナ、
たまねぎ、ひき肉、卵などのいつでも安い食材です。

旬で安い食材も、節約レシピにはぴったりなので、
スーパーなどでみかけたら、安い食材に合わせた料理を作りましょう。

節約レシピで大切なコツは、メニューを決めて
買い物に行かない、食材を無駄にしないということです。

一週間に二度と決めたら、一度の買い物で3,4日分を買ってきます。

安いからといって、たくさん食材を買って腐らせたら節約にはなりません。

作るメニューを決めてしまうと、
必要な食材が高いことがあるので、
安い食材を組み合わせて、節約レシピを考えたり、
調べたりする方が節約になります。

新聞のチラシを見て、献立を決めるのもいいですね。

余った食材は、冷凍したり、後で使うなどして、有効利用するのです。

節約レシピは、カレー味にしたり、
豆板醤を加えてピリ辛にするだけで、味の印象が変わります。

食材は節約しても、調味料はしっかり使って、味付けを工夫しましょう。

電子レンジを効果的に使うと、光熱費も節約できて、
ますます節約レシピにできます。

節約レシピの一例としては、豚肉の薄切りを何枚も重ねて一枚肉風にして、
小麦粉、卵、パン粉をつけて、カツにするというものです。

安い一枚肉を買うよりも、柔らかくておいしいカツができるので、
ぜひこの節約レシピを試してみてください。

子供はお肉が大好きですからね。
節約もいろんなことに気にしてやっていくと
低所得でも貯金できて、レジャー費まで捻出でき
明るく毎日が過ごせるんですね。

節約料理レシピはいろいろ工夫次第で
料理の幅も広がり、考えるだけで楽しいです。

大根の葉一枚も捨ててはいけませんよ!

 

| 節約のための料理レシピ | 節約料理レシピ |
| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ
| 1/1PAGES |